読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【コミケカタログで90年代のカップリングを調べてみた】第七回:1995年に降り注ぐ流星

カップリング表記 カップリング表記-1990年代

コミケカタログのサークルカットからカップリング表記を抜き出して
カップリングの歴史を見ていこう的な記事、久々の第七回目です。

世間的にも大きな事件の続いた1995年、漫画界では『ドラゴンボール』の連載終了、
アニメ界では4月に『新機動戦記ガンダムW』10月に『新世紀エヴァンゲリオン』が
スタートするなど、大きな変化のあった年でした。

1995年のコミケ

夏(C48)と冬(C49)の2回開催されました。

↓当時のコミケカタログ


C48はコミケ史上初の3日開催となり、カタログは2冊に分冊されていました。

開催場所と参加人数の推移(直近5年)

回数 季節 会場 日数 サークル 参加人数
C40 1991 東京国際見本市会場(晴海) 2 11,000 200,000
C41   東京国際見本市会場(晴海) 2 14,000 200,000
C42 1992 東京国際見本市会場(晴海) 2 12,000 250,000
C43 東京国際見本市会場(晴海) 2 15,000 180,000
C44 1993 東京国際見本市会場(晴海) 2 15,000 250,000
C45 東京国際見本市会場(晴海) 2 16,000 200,000
C46 1994 東京国際見本市会場(晴海) 2 16,000 240,000
C47 東京国際見本市会場(晴海) 2 16,000 200,000
C48 1995 東京国際見本市会場(晴海) 3 22,000 250,000
C49 東京国際見本市会場(晴海) 2 16,000 220,000

場所は晴海で安定。
前述の通り、夏コミが3日間開催になり、いよいよ2万サークルを超えてきました。

95-1:カップリング表記数の推移

f:id:Tarte41:20150506135756j:plain
C48で表記数が1.5倍に!
3日開催の威力が発揮されています。

一方C49ではサークル参加数がC47と同数に戻っていますが
表記数は増加しています。
ということは、カップリング表記を書くサークルの割合が増えているのでは?
ということで次のグラフになります。

表記サークル数の推移

カップリング表記を書いているサークルの数です。
f:id:Tarte41:20150506135801j:plain
※表記サークル率=表記サークル数/全サークル数[%]

表記サークル率が20%を超えてきました。
単純にコミケ全体の5サークルに1サークルはカップリング表記を
書いていることになります。

カップリング表記の少ない「評論」「男性向け創作」なども含んでこの数字です。

95-2:記法別ランキング

カップリング表記の記法(書き方)別のランキングです。

順位 C48 表記数 構成比 C49 表記数 構成比
1 × 3,335 55.2% × 2,661 57.8%
2 連結 946 15.7% 644 14.0%
3 816 13.5% 連結 612 13.3%
4 383 6.3% 301 6.5%
5 193 3.2% 123 2.7%
6 168 2.8% 120 2.6%
7 固有 120 2.0% 固有 87 1.9%
8 12 0.2% 11 0.2%
9 and 9 0.1% 6 0.1%
10 9 0.1% ハーレム 5 0.1%

×表記の勢いが止まりません。

そしていつも通りハート表記と連結表記が2番手争いを繰り広げています。
C49で連結表記が落ち込んでいるのは、新興勢力の『新機動戦記ガンダムW』では
連結表記がほとんど使われないことが影響しています。

今では信じられませんが、この頃のカップリングは
「流❤花」のようにハートを使って書くのもわりとメジャーです。

95-3:作品別ランキング

どんな作品が(カップリング表記的に)流行っているのか見ていきます。

順位 C48 表記数 構成比 C49 表記数 構成比
1 SLAMDUNK 1,792 29.7% SLAMDUNK 973 21.1%
2 幽遊白書 620 10.3% 新機動戦記ガンダムW 416 9.0%
3 サムライトルーパー 469 7.8% 幽遊白書 315 6.8%
4 サイバーフォーミュラ 332 5.5% サムライトルーパー 298 6.5%
5 SMAP 205 3.4% SMAP 243 5.3%
6 セーラームーン 179 3.0% サイバーフォーミュラ 192 4.2%
7 るろうに剣心 179 3.0% るろうに剣心 181 3.9%
8 キャプテン翼 174 2.9% キャプテン翼 127 2.8%
9 炎の蜃気楼 161 2.7% セーラームーン 108 2.3%
10 光GENJI 147 2.4% 炎の蜃気楼 92 2.0%

バスケットマン最強伝説

前年の1994年にトルーパーから政権を奪取した『SLAM DUNK』がそのまま王座に君臨。
3日開催になった夏コミでは約1,800表記と、桁違いの戦闘力を見せています。

降り注ぐ流星

そこに突如サンライズの鉄砲玉『新機動戦記ガンダムW』が
「お前を殺す」とばかりに突貫してきました。
もちろんこのセリフを言われた人は死なないので、
『SLAM DUNK』は首位をキープしています。

集英社vsサンライズ

この頃のカップリングはこの2社が圧倒的な存在感を見せています。

◆集英社軍(主に週刊少年ジャンプ)◆
・SLAMDUNK
・幽遊白書
・るろうに剣心
・キャプテン翼
・炎の蜃気楼(コバルト文庫)

◆サンライズ軍◆
・新機動戦記ガンダムW
・サムライトルーパー
・サイバーフォーミュラ

この堂々たる布陣。

しかし集英社側には不安要素が。
1994年12月に歴代最高部数を記録した週刊少年ジャンプですが
この年のドラゴンボール完結を契機に減少に転じています。
ジャンプ黄金期の崩壊が始まっています。

95-4:カップリング表記ランキング

名寄せしていない純粋な「カップリング表記」のランキングです。
書き方も含めて、どんなカップリング表記が流行っているか見てみます。

C48(1995年夏)

順位 表記 表記数 構成比 作品
1 流×花 170 2.8% SLAMDUNK
2 征当 83 1.4% 鎧伝サムライトルーパー
3 仙×越 68 1.1% SLAMDUNK
4 花×流 54 0.9% SLAMDUNK
5 飛×蔵 52 0.9% 幽遊白書
6 仙越 51 0.8% SLAMDUNK
7 蔵×飛 50 0.8% 幽遊白書
8 仙×花 47 0.8% SLAMDUNK
9 直×高 45 0.7% 炎の蜃気楼
仙×流 45 0.7% SLAMDUNK

「流×花」が2位にダブルスコアをつけて首位を独走。
3日開催の影響があるとはいえこの時期に「征当」が増えてるのもすごいです。

C49(1995年冬)

順位 表記 表記数 構成比 作品
1 デュオ×ヒイロ 73 1.6% 新機動戦記ガンダムW
2 流×花 68 1.5% SLAMDUNK
3 征当 54 1.2% 鎧伝サムライトルーパー
4 木×中 46 1.0% SMAP
5 仙×越 36 0.8% SLAMDUNK
6 直×高 34 0.7% 炎の蜃気楼
7 ヒイロ×デュオ 32 0.7% 新機動戦記ガンダムW
8 A^2 31 0.7% 光GENJI
9 飛×蔵 29 0.6% 幽遊白書
左之×剣 29 0.6% るろうに剣心

オペレーション・メテオがランキングに大きな風穴を開けてきました。
「デュオ×ヒイロ」が「流×花」を交わしてトップに。
そしてSLAMDUNK独占状態から8作品の入り乱れる混戦ムードになってきました。

ガンダムWといえば「2×1」のような数字でのカップリング表記が有名ですが
この頃は一部のサークルでしか使われておらず、名前での表記がメジャーです。

二次元活況の中、「木×中」「A^2」(2乗)がランクインしているのにも注目です。

95-5:攻め受けマトリックス

今回はこの作品しかないでしょう。

※攻受上位10キャラまで表示
※合計値は見えてないキャラの分も含んでいます
※攻キャラの「-」は「~受」などで攻キャラが指定されてないケース

新機動戦記ガンダムW(1995年合計)

f:id:Tarte41:20150506161456j:plain

受け側は約4割がヒイロ受けという結果になっています。
続いてデュオ、カトル。
なんにせよ「デュオ×ヒイロ」が抜けてますね。

主人公5人組を外した所では、「トレーズ×ゼクス」が人気です。

95-6:トピックス

夏コミ時点で


[コミケット49カタログ P.96より抜粋]

ガンダムWが4月放映開始ということで夏コミのサークルカットには
間に合っていませんが、実態として夏コミ時点ですでに流行っていたようです。
「みつあみ君×自爆少年」ってカップリング表記も素晴らしいですね。
(デュオ×ヒイロ)

同人版『最遊記』


[コミケット49カタログ P.401より抜粋]

1997年に月刊Gファンタジーで連載が開始される『最遊記』の同人版です。
この後、1998年夏コミにカップリング表記が登場し、2000年のテレビアニメ化前後で
表記数が増えていくので、これからチェックしておきたい作品です。

この作品もガンダムW同様、数字でカップリング表記が書かれることにも注目です。
3:三蔵
5:悟浄
8:八戒
9:悟空(5は悟浄と被るので)

95-7:1995年まとめ

・初の3日開催でカップリング表記が急増
・いよいよカップリング表記を書くサークルが20%超え
・×表記の時代継続中

・『SLAM DUNK』最強伝説
・サンライズからの刺客『ガンダムW』登場
・宇宙(そら)から降ってきた三つ編みと自爆少年が人気に

どうしても集英社vsサンライズの頂上決戦に目がいってしまう1995年でしたが
この裏では、『KOF'95』で八神庵が登場、『アンジェリーク』の表記が初登場など
ゲームジャンルの胎動が始まっています。
空前のエヴァブームも絡んで1996年はどうなるのか、全く予断を許しません。

それではまた次回!

次の記事

tarte41.hatenablog.com