読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2013年冬】コミケカタログカップリング調査−8(テニスの王子様)

カップリング表記 カップリング表記-2013年

今回は、前回のうたプリからプリンス繋がりで、『テニスの王子様』を攻めてみます。
テニミュは含んでいませんのでご了承くださいm(_ _)m

【C85】テニスの王子様

サークル数 表記サークル数 表記サークル率 表記数 表記率
320 274 86% 388 121%

サークル数

テニプリは独立ジャンルで、今回の冬コミでは320サークルになっています。
じわじわと減っているものの、息の長い作品ですね。
一方でテニニュは「TV・映画・芸能」ジャンルに配置されています。(この記事の対象外)

表記サークル数・表記サークル率

表記サークル率は86%と、女性に人気のある作品の中では平均くらい。

表記数・表記率

表記率も1サークルあたり1.2表記とこれも平均くらい。

表記数分布も大きな偏りはなく、派手な作品内容に反して
ものすごく普通の結果になっています。(関係ない)

カップリング表記ランキング

1〜10位

順位 表記 表記数 構成比 記法 キャラ1 キャラ2 キャラ3 CP種別
1 謙光 12 3.1% 連結 忍足謙也 財前光 BL
2 28 9 2.3% 連結 仁王雅治 柳生比呂士 BL
真幸 9 2.3% 連結 真田弦一郎 幸村精市 BL
4 幸真 8 2.1% 連結 幸村精市 真田弦一郎 BL
5 光謙 7 1.8% 連結 財前光 忍足謙也 BL
蔵謙 7 1.8% 連結 白石蔵ノ介 忍足謙也 BL
乾海 7 1.8% 連結 乾貞治 海堂薫 BL
8 塚不二 6 1.5% 連結 手塚国光 不二周助 BL
忍跡 6 1.5% 連結 忍足侑士 跡部景吾 BL
忍岳 6 1.5% 連結 忍足侑士 向日岳人 BL
82 6 1.5% 連結 柳生比呂士 仁王雅治 BL

1位は四天宝寺中の「謙光」!
しかしトップでも3%とか、ものすごくカップリングが分散してますね。
タイバニの兎虎30%は異常としても、票が割れてる黒バスの黄黒でも7%はありました。
作品としての歴史の長さ、そしてそれに伴うキャラ数の多さが影響してるのでしょうか。
コミケの配置としても、出来るだけ少数派のカップリングも活かそうと
検討されてるフシがありますので、その努力の成果かなと。
配置担当の方の努力が偲ばれます。

表記として特殊なのは、2位の「28」です。
知らない人が見たらカップリング表記に見えない系です。
「仁王」の「に」と「柳生」の「や」から28になってるそうです。

数字でのカップリング表記は他のジャンルでも、ジャニーズ系や
『サイボーグ009』、『ディシディアファイナルファンタジー』
『キングダムハーツ』などでも使われていて
とてもよく被りがちなので注意が必要です。
ガンダムWの時代だと間に「×」が入ってることが多かったと思いますが
近年は数字もそのまま「連結」で表記されますね。

11〜20位

順位 表記 表記数 構成比 記法 キャラ1 キャラ2 キャラ3 CP種別
12 塚リョ 5 1.3% 連結 手塚国光 越前リョーマ BL
三強 5 1.3% 固有 幸村精市 真田弦一郎 柳蓮二 BL
跡日 5 1.3% 連結 跡部景吾 日吉若 BL
真田受 5 1.3% 真田弦一郎 不明
16 柳乾 4 1.0% 連結 柳蓮二 乾貞治 BL
仁王×柳生 4 1.0% × 仁王雅治 柳生比呂士 BL
大菊 4 1.0% 連結 大石秀一郎 菊丸英二 BL
柳赤 4 1.0% 連結 柳蓮二 切原赤也 BL
赤柳 4 1.0% 連結 切原赤也 柳蓮二 BL

カップリング表記かただのグループなのか毎回悩む3人表記がここで登場。
立海の「三強」ビッグ3です!
加えて「仁王×柳生」がここにも入っていたりと、ビッグ3だけでなく
立海は大人気ですね。
実はこの「仁王×柳生」や「28」などを名寄せして合計すると
「仁王×柳生」が「謙光」を押さえてトップに躍り出ます。
表記がバラけてる影響で順位が入れ替わってるわけですね。
名寄せした時のランキングは「攻受マトリックス」のコーナーで!

それと、ここでようやく主人公が登場しています。
青学の柱コンビですね。
原作的に手塚はこの先数年は登場しなそうなので
リョーマくんの頑張りに期待です。

21〜30位(実質21〜58位)

順位 表記 表記数 構成比 記法 キャラ1 キャラ2 キャラ3 CP種別
21 ちとくら 3 0.8% 連結 千歳千里 白石蔵ノ介 BL
日岳 3 0.8% 連結 日吉若 向日岳人 BL
黄金ペア 3 0.8% 固有 菊丸英二 大石秀一郎 BL
真柳 3 0.8% 連結 真田弦一郎 柳蓮二 BL
不二受 3 0.8% 不二周助 不明
柳受 3 0.8% 柳蓮二 不明
27 蔵不二 2 0.5% 連結 白石蔵ノ介 不二周助 BL
忍足×跡部 2 0.5% × 忍足侑士 跡部景吾 BL
とりしし 2 0.5% 連結 鳳長太郎 宍戸亮 BL
ジロ忍 2 0.5% 連結 芥川慈郎 忍足侑士 BL
跡部×手塚 2 0.5% × 跡部景吾 手塚国光 BL
せんべ 2 0.5% 連結 千石清純 跡部景吾 BL
ちとけん 2 0.5% 連結 千歳千里 忍足謙也 BL
リョ塚 2 0.5% 連結 越前リョーマ 手塚国光 BL
ニオブン 2 0.5% 連結 仁王雅治 丸井ブン太 BL
真田総受 2 0.5% 真田弦一郎 不明
白赤 2 0.5% 連結 白石蔵ノ介 切原赤也 BL
けんひか 2 0.5% 連結 忍足謙也 財前光 BL
ゴクアク 2 0.5% 連結 千石清純 亜久津仁 BL
リョ不二 2 0.5% 連結 越前リョーマ 不二周助 BL
ジロ跡 2 0.5% 連結 芥川慈郎 跡部景吾 BL
仁赤 2 0.5% 連結 仁王雅治 切原赤也 BL
塚乾 2 0.5% 連結 手塚国光 乾貞治 BL
ルーキーズ 2 0.5% 固有 越前リョーマ 遠山金太郎 BL
幸村×真田 2 0.5% × 幸村精市 真田弦一郎 BL
不二リョ 2 0.5% 連結 不二周助 越前リョーマ BL
ブン赤 2 0.5% 連結 丸井ブン太 切原赤也 BL
月寿 2 0.5% 連結 越知月光 毛利寿三郎 BL
白金 2 0.5% 連結 白石蔵ノ介 遠山金太郎 BL
樺跡 2 0.5% 連結 樺地崇弘 跡部景吾 BL
財ユウ 2 0.5% 連結 財前光 一氏ユウジ BL
タカ不二 2 0.5% 連結 河村隆 不二周助 BL
鳳宍 2 0.5% 連結 鳳長太郎 宍戸亮 BL
跡リョ 2 0.5% 連結 跡部景吾 越前リョーマ BL
跡塚 2 0.5% 連結 跡部景吾 手塚国光 BL
リョ海 2 0.5% 連結 越前リョーマ 海堂薫 BL
跡ジロ 2 0.5% 連結 跡部景吾 芥川慈郎 BL
真田×幸村 2 0.5% × 真田弦一郎 幸村精市 BL

多い!
30位までのはずが、同数ばっかりで58位までのご紹介になってます。
上手くバランスが取られてますねー。

攻受マトリックス

縦に攻キャラ・横に受キャラを並べて表にしてみました。
攻キャラランキングと受キャラランキングも兼ねてます。

あまりにカップリングが拡散しすぎていてトップ10だけでは
全体の6割も表せていません。(攻合計:57%・受合計:53%)
トップ20くらいで作りたいところですが、大きすぎて見にくいですね。
難しい。

縦軸を見てみると、相手を指定しない「〜受」「〜総受」が攻めキャラの
トップに来ているという、いびつなランキングになってます。
2位が仁王、続いて跡部様になっていますが、この辺りは僅差ですね。

横軸の受けキャラとしては、真田がトップ。
一方で真田攻めは9位とそれほど多くないので、
受けキャラの認識が強いといえますね。

この表では色んな表記に分かれたカップリングを名寄せをしているので、
カップリングとしては「仁王攻め柳生受け」がトップになっています。(17表記)
2位の謙光のラインを見てみると、この二人の間には
ほぼ他の人は入れない状態になってることが分かります。

キャラクタ一覧

No. キャラ名 登場回数 構成比 性別 所属
1 真田弦一郎 51 6.7% 男性 立海大附属中学校
2 跡部景吾 46 6.1% 男性 氷帝学園中等部
3 仁王雅治 42 5.5% 男性 立海大附属中学校
4 幸村精市 40 5.3% 男性 立海大附属中学校
5 忍足謙也 39 5.1% 男性 四天宝寺中学校
6 柳蓮二 35 4.6% 男性 立海大附属中学校
7 越前リョーマ 32 4.2% 男性 青春学園中等部
8 手塚国光 31 4.1% 男性 青春学園中等部
9 白石蔵ノ介 31 4.1% 男性 四天宝寺中学校
10 柳生比呂士 28 3.7% 男性 立海大附属中学校
11 財前光 28 3.7% 男性 四天宝寺中学校
12 切原赤也 27 3.6% 男性 立海大附属中学校
13 不二周助 26 3.4% 男性 青春学園中等部
14 忍足侑士 24 3.2% 男性 氷帝学園中等部
15 日吉若 19 2.5% 男性 氷帝学園中等部
16 乾貞治 17 2.2% 男性 青春学園中等部
17 丸井ブン太 15 2.0% 男性 立海大附属中学校
18 千歳千里 14 1.8% 男性 四天宝寺中学校
19 向日岳人 13 1.7% 男性 氷帝学園中等部
20 海堂薫 13 1.7% 男性 青春学園中等部
21 菊丸英二 12 1.6% 男性 青春学園中等部
22 大石秀一郎 11 1.4% 男性 青春学園中等部
23 遠山金太郎 10 1.3% 男性 四天宝寺中学校
24 千石清純 9 1.2% 男性 山吹中学校
25 芥川慈郎 9 1.2% 男性 氷帝学園中等部
26 宍戸亮 9 1.2% 男性 氷帝学園中等部
27 一氏ユウジ 9 1.2% 男性 四天宝寺中学校
28 甲斐裕次郎 8 1.1% 男性 比嘉中学校
29 木手永四郎 8 1.1% 男性 比嘉中学校
30 鳳長太郎 8 1.1% 男性 氷帝学園中等部
31 平古場凛 7 0.9% 男性 比嘉中学校
32 金色小春 6 0.8% 男性 四天宝寺中学校
33 橘桔平 5 0.7% 男性 不動峰中学校
34 佐伯虎次郎 4 0.5% 男性 六角中学校
35 越知月光 3 0.4% 男性 高校生
36 越前リョーガ 3 0.4% 男性 高校生
37 樺地崇弘 3 0.4% 男性 氷帝学園中等部
38 毛利寿三郎 3 0.4% 男性 高校生
39 亜久津仁 3 0.4% 男性 山吹中学校
40 河村隆 3 0.4% 男性 青春学園中等部
41 広瀬静 3 0.4% 女性
42 桃城武 3 0.4% 男性 青春学園中等部
43 木更津亮 2 0.3% 男性 六角中学校
44 黒部由起夫 2 0.3% 男性
45 齋藤至 2 0.3% 男性
46 小日向つぐみ 2 0.3% 女性
47 木更津淳 2 0.3% 男性 聖ルドルフ学院中学校
48 キース 2 0.3% 男性
49 伊武深司 2 0.3% 男性 不動峰中学校
50 滝萩之介 2 0.3% 男性 氷帝学園中等部
51 リン・シウ 2 0.3% 男性
52 渡邊オサム 2 0.3% 男性 四天宝寺中学校
53 観月はじめ 2 0.3% 男性 聖ルドルフ学院中学校
54 神尾アキラ 2 0.3% 男性 不動峰中学校
55 平等院鳳凰 1 0.1% 男性 高校生
56 鈴木惷 1 0.1% 男性 高校生
57 樹希彦 1 0.1% 男性 六角中学校
58 橘杏 1 0.1% 女性 不動峰中学校
59 不二裕太 1 0.1% 男性 聖ルドルフ学院中学校
60 鬼十次郎 1 0.1% 男性 高校生
61 黒羽春風 1 0.1% 男性 六角中学校
62 徳川カズヤ 1 0.1% 男性 高校生
63 小石川健二郎 1 0.1% 男性 四天宝寺中学校
64 南健太郎 1 0.1% 男性 山吹中学校
65 辻本彩夏 1 0.1% 女性
66 モブ 1 0.1% 男性
67 千歳ミユキ 1 0.1% 女性
68 入江奏多 1 0.1% 男性 高校生
69 室町十次 1 0.1% 男性 山吹中学校
70 遠野篤京 1 0.1% 男性 高校生
71 早乙女晴美 1 0.1% 男性 比嘉中学校
72 赤澤吉朗 1 0.1% 男性 聖ルドルフ学院中学校
73 大和祐大 1 0.1% 男性 高校生
74 榊太郎 1 0.1% 男性 氷帝学園中等部
75 知念寛 1 0.1% 男性 比嘉中学校
76 比嘉中 1 0.1% 男性
77 鷲尾一茶 1 0.1% 男性 高校生
78 氷帝学園 1 0.1% 男性
79 天根ヒカル 1 0.1% 男性 六角中学校
80 君島育斗 1 0.1% 男性 高校生

今回は学校名を付加してみました。
それにしてもこの登場人物の多さ!
学校名とかモブなどの特殊なものを除いても77キャラが
カップリング表記に登場しています。

で、そのうち女性は何人?といえば、5人しかいません。
しかもそのうちゲームオリジナルキャラが3人いるので
どれだけ原作に女性が登場してないかが偲ばれます。

残りの二人は「橘杏」と「千歳ミユキ」の妹組でした。
たしか初期は青学にヒロインっぽい女の子がいたと思いましたが
カップリング表記には出てきてませんでした。
コーチも女性でしたよね。

1位は跡部様を押さえて立海の真田弦一郎。
最近は黒いオーラをまとったり、2回スイングするキャラとして活躍してますね。
跡部様はキャラクター単体の人気ではダントツだと思いますが
カップリングの対象としては、真田に軍配が上がったということでしょうか。

それにしても立海の強さが目立ちます。
実際にどの学校のキャラが多くカップリングに登場してるかをグラフにしてみました↓

立海が3割。
続いて青学・四天宝寺・氷帝が2割前後で並んでいます。
この4校でほぼ9割弱を占めていますね。

記法別ランキング

カップリング表記の書き方別のランキングです。

順位 記法 表記数 構成比
1 連結 263 67.8%
2 × 58 14.9%
3 28 7.2%
4 固有 21 5.4%
5 6 1.5%
6 4 1.0%
7 3 0.8%
8 2 0.5%
9 1 0.3%
  1 0.3%
  1 0.3%
  総計 388 100.0%

「連結」「×」「受」とこれも標準的な構成ですね。

カップリング種別

CP種別 表記数 構成比
BL 353 91.0%
GL 0 0.0%
NL 6 1.5%
不明 29 7.5%

キャラクタ一覧にも書いた通り、テニプリの世界は男女比がものすごいので
GLの存在する余地はないようです。
ノマカプも少ないですね。
戦国BASARAに続き、「テニプリもBLが9割」でした!

テニスの王子様まとめ

・表記サークル数や表記数はごくごく標準的
・ものすごいキャラ数
・最強!常勝!立海大!(ほんとに常勝かは分かりません)
・テニプリもBLが9割!

以上4本でお送りしました。
次回は、この冬コミで初登場の新進気鋭『Free!』に行きたいと思います。
ではまた!