読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めてデザインフェスタに行ってきました

イベント

朝からツイッターでデザフェスの話が盛り上がっていたので
昨日ふらっと行ってみました。
ちょいちょい話に上るイベントでしたが、人によってイメージが違うみたいで
どんなイベントなのか分からないまま今回初挑戦です。

デザインフェスタって?

まずこれがパンフレットと当日券です。

なんとなくアートっぽいかんじが伝わって来ました。


なぜか福笑いが付いてます。
猫の口いいですね。

主旨文とかを読んでみると、デザインフェスタは

・自由に表現できる場
・ただしオリジナルに限る(二次創作不可)
・年齢、国籍、ジャンル、スタイル、プロアマ不問

というフリーダムなイベントみたいですね。
たしかに、服とか雑貨を売ってたりする一方で
ライブステージとかオリジナル映画の上映とか剣舞まであったりして
かなり自由度の高いイベントでした。

会場到着

会場は東京ビッグサイト。
西館全部を使ってます。

まずは4階の西3・4から行ってみると、なぜかいい香りが・・・

いきなりレストランエリア。
早まりました。
ひとまず香りにつられてひょこひょこ進んでいると、謎の大行列が。

ケバブやさん!
デザフェスの最大手と言っていいでしょう。
常に行列が出来てました。

香ばしい香りにふらふら並びそうになりましたが
ここはグッとこらえて会場を回ります。

【4F】ファッション・雑貨・イラスト・オールジャンル

どんなイベントか分からないので、まずはぐるっと。

あちこちで立板にライブペインティングをしています。
とにかくみんな描くのが速い!
見惚れてしまいますねー。

と、いきなり、ザク発見!

※写真は許可を頂いたものだけ掲載しています

Tシャツやさんでした。

ファッションコーナーで人気だったのは体験型のスペース。
特に「ウィッグを着けて写真が撮れる」「タトゥーを描いてくれる」とこ。
どちらも女性でいっぱいでしたね。

会場の男女比はだいたい2:8くらい。
年齢層はだいぶ若そう。
若いクリエイターの表現の場所、みたいな印象を受けました。

ただ一方で、おじいさんおばあさんが工芸品や裁縫関連で
匠の技を披露していたりして、幅広い年代の方が出展されていました。

こちらはフェルト製の魔女帽子

こういう被り物系も結構あって
試しに被らせてくれたりします。
↓こちらはかわいいフェレットさん

【4F】暗いエリア

ゴリゴリ進んでいくと、照明が落とされている『暗いエリア』に着きました。
照明を使ったアートの他に、ゴスロリ系のスペースもありました。
いいかんじに雰囲気が出ています。

その中で一際目を惹いたのがこれ↓

ミニチュアの建物がずらっと並んでいました。
微妙な看板の汚れ具合とかほんとリアルですねー。
しばらく見入ってしまいました。

そして更に細かい作品がこちら↓

砂で描いた『サンドアート』だそうです。
これはまた繊細な作りですね〜。
今回は見れなかったのですが、サンドアートパフォーマンスも
やられるそうで、また機会があればぜひ見たいところです。

↓作品一覧を発見。FF6のティナとかフィガロ兄弟が!
TINAMI - kisatoさんのクリエイタープロフィール

QKタイム

4Fを一通り巡ったところで、ご飯に。
会場の熱気がすさまじくて、これはビールとか売ってたらみんな買っちゃうんじゃ?
と思ってたら、もちろん売ってました!

折角なので会場特別『デザインフェスタエール』を飲んでみました。

とってもフルーティー!
厚切りベーコンもうまうまでした。
ぷはー。

【1F】ファッション・雑貨・工芸・人形・写真・ワークショップ

若干足元がふらっとした気がしますが
こんどは1Fをモリモリ巡ります。
1Fの大エレベーター横の吹き抜けでは和太鼓の演奏中。
周りの人の話を聞くと、その前はファッションショーをやってたらしいです。
ほんとなんでもアリですね〜。

なんでも・・・アリですね!

外では野外ライブ。
みんな佐世保バーガーとかオムソバを食べながらまったりと聞いてるかんじ。
とっても美味しそうでしたが、いろいろ反省してスルー。

中に戻って、ワークショップエリアにこども達が集まってました。
ハンコを作ったり、お絵かきしたりとなかなかの盛り上がり。

進んでいくと、「紙芝居」をやってる人がいました。
タイトルは「真説浦島太郎」と「ニートン動物記」
ニートン・・・。
タイミングが合わなくて最後のちょっとしか見れませんでしたが
こどもたちが食い入るように見ていましたねー。

そして会場内で一番欲しいアイテムだったのがコチラ↓

石で出来た『ストーンナイフ』です。
綺麗ですねー。


小型のものもありました。
持ってみると、手にしっかり馴染む重さ。
ナイスグリップです。

試しにお値段を聞いてみると、2万円ということで今回は諦めましたが
護身用に一家に一本あっていいんじゃないでしょうか。
退魔的な効果もありそうな気がします。

感想

想像以上にフリーダムでした!
参加者の熱が伝わってきて、とても楽しいイベントでした。

表現を全力で楽しんでる。そんなパワーを感じました。

オリジナルということもあってか、同人誌関連で言えばコミティアの空気感に近いですね。
参加者のオシャレ度が高いのもなにか似ています。
(デザフェスのほうが尖ったファッションの方が多いですが)

少し気になったのは、思ったより外国人の方が少なかった印象です。
「アジア最大級」と銘打たれていましたが、まだ発展途中のイベントなのかもしれません。

ともあれ、デザフェスは創作の熱を感じられるいいイベントだと思います。
次回は11月2日〜3日とのことなので、また行きたいですね。
ひとまずグーグルカレンダーに登録しました。
デザフェス、楽しかったです!

↓デザフェス公式
アートイベント デザインフェスタ | Art Event Design Festa