読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シャッツキステ】ボドゲ部レポート2

ゲーム ゲーム-ボードゲーム シャッツキステ

秋葉原のメイド喫茶『シャッツキステ』では、毎週月曜日の20:30から
ボードゲームを遊ぶ会『ボドゲ部』が開催されています。

くわしくは↓コチラ
ボドゲ部 : シャッツキステ 新着情報

書き始めが決まってると記事書くの楽ですよね。
今回は2012年9月3日(月)のレポートになります!

エルダーサイン

エルダーサイン 完全日本語版

エルダーサイン 完全日本語版

エルダーサインとか格好いい名前になっていますが、普通にクトゥルフです。
『旧支配者』とか『外なる神』みたいないわゆる『邪神』の
封印が解けそうなんで、みんなで頑張って再封印しようぜ!ってゲームです。

プレイヤーは全員協力して邪神を封印します。
こっそり邪神側についてるような裏切りキャラはいません。
もしいたとしても確実に正気を失ってるでしょうから
シャッツキステに入る前に逮捕されてると思います。

さーって、今日の外なる神は?

ヨグ=ソトースです。

写真がブレブレです。
これが不思議と、何回撮ってもブレてしまうのです。
これが外なる神のチカラ!?

ヨグ=ソトースは、クトゥルーとかハスタくんとかの親やら先祖やら
言われてるかなり上級の邪神です。
詳しくはお近くの「SAN値の上限が低そうな人」に聞いてください!
(注:公式設定で、クトゥルフ神話に詳しくなるほどSAN値の上限が下がります)

ざっくりルール

時間が経つにつれて、邪神の復活が近づいてきます。
それまでに旧神の印(エルダーサイン)と呼ばれる魔除け的なものを
一杯集めて、邪神を再封印するのが目的です。

復活したら復活したで、ガチンコバトルも出来るそうなんですが
あんまり「あらゆる時間、あらゆる空間に自在に出現できる」とか
言われてる神と出来れば戦いたくはありません。

最初にプレイヤーは自分の分身になるキャラクターを選びます。

なんか一杯います。
それぞれ特殊能力があったりします。

そして場にクエストカードが置かれます。

左にあるサイコロを振って、クエストカードに書いてあるマーク(ドクロとか巻物とか)が
全部出ればクエストクリアです。
そして肝心のエルダーサインは、特定のクエストをクリアするともらえます。

基本はサイコロを振ってワイワイするのが楽しいゲームです。
クトゥルフだけど、とってもカンタン!

ゲーム開始

ボドゲ部部長のレイラさんも含めて6人でゲーム開始。
スタートプレイヤーは「最近クトゥルフものを読んだ方」ということで
該当者がお一人。
この方はたしか、ラブクラフト系のイベントにも参加されたと聞いています。
文句なくスタートプレイヤーです!

序盤は簡単そうなクエストをクリアして、アイテムや魔法を集めていきます。
みんな出目もよくてサクサクとクリア。

その後も異界の門が気軽に開いたり、モンスターがお手軽に大量発生したりとか
大苦戦するシーンもありました。
が、通称「おじーちゃん」こと教授が獅子奮迅の大活躍。
そこにスタートプレイヤーだった「探偵」さんの手がかり祭りが始まって
「これ、もしかしてクリア出来るんじゃ?」と明るい空気が流れ始めました。

時計を見るまでは。

そう、数多の苦難を乗り越えてきたプレイヤーたちの最後の難関は
「リアル時間」!
シャッツキステの営業は22時まで。
そして時計は21:40を指しています。
今のところ時空の歪みは見られないので、このままだとあと20分でゲーム終了です。
片付けを含めると残り10分といったところでしょうか。

とりあえずエルダーサインをゲットできるクエストにみんなでバンザイ突撃。
クエスト失敗の悲鳴がシャッツキステの館内に響き渡ります。

そして、何人もの尊い犠牲(死んだり発狂したりはしてないけど)を踏み越えて
みんなの精神安定剤「精神分析医 キャロリン・ファーン」さんが
ヨグ=ソトースにトドメを刺したのでした。

この時、残り時間2分!

最後の出目を見た時には、みんなで「うおー!」ってなりました。
ほんと激戦。
みんなで協力するゲームは、これが醍醐味ですね〜。

前回はニャルラトホテプにボコられたので、今回リベンジ出来て嬉しかったです。
意外と手軽なゲームなので、また機会があればやりたいです。

勢いだけのあらあらレポでしたが、それではまた!